暮らし PR

「コープみえ」口コミ・加入のメリット・デメリットなど紹介します

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

三重県に住んでいるけど、「コープみえ」の宅配ってどうなんだろう?公式HPでは分からない、実際の口コミや評判が知りたい!

こういった疑問にお答えします。

 この記事で分かること

  • ソンしない「コープみえ」の利用方法が分かる
  • プロが教える「コープの品質」が分かる
  • 三重県にお住いのあなたにピッタリの食材宅配サービスが分かる

 食材宅配を取り巻く、最新の問題点

  • 「薄すぎる情報」を発信しているメディアが多すぎる問題
  • 「読者に必要な情報」を届けていないメディアが多すぎる問題
  • 低品質サービスへの誘導が多すぎる問題

上記のとおり、食品業界の中の人から見ると「うーん…これはよくないなぁ」と思うことが多い今日この頃です。

原因は、「業界のことや食品の知識を知らない素人ライターさんが適当な発信をし過ぎ」なことです。

たとえば、食材宅配をあつかうサイトなのに、「地場のコープ」の情報を掲載せず、「自分が紹介したいサービス」に無理やり誘導しているなど。

知識がないから仕方ないとは思いますが、これでは読者様に不利益を与えることになりかねません。

当サイトではこういった問題意識をもって「読者様に有益(必要)な情報」を最大限お届けしています。

それでは、本題です。

「コープみえ」を利用するなら、【ネット加入】が一番おトク

「コープみえ」に加入する方法はいくつかあります。

 「コープみえ」を利用する方法3つ

  • 近くのお店か配送センターに行って申し込む
  • 配送センターに電話する
  • ネットで公式HPから申し込む

結論、「ネットで公式HPから申し込む」が圧倒的におトクです。

なぜなら、特典が最大限にもらえるからです。

 ネットで公式HPから申し込むことでもらえる特典

  1. 資料請求特典・・・人気商品2点
  2. ネット加入特典・・・ショコラケーキ(4カット)

上記のとおり、ネット加入すると合計3品が無料でもらえます。

※資料請求だけでも「人気商品2品」がもらえますので、「ちょっと検討してみたい」という人はまず資料請求するとおトクです。

 0歳~1歳未満の赤ちゃんがいると「ハピハピボックス」もプレゼントされます

「どんだけ大盤振る舞いなんだ?」とは思いますが、もらえるものは取りこぼすことなくもらっておきましょう。

「ハピハピボックス」も公式HPから申し込むことが可能です。

プロが厳しく採点!「コープみえ」の評価は?

私は食品業界で15年以上過ごしておりまして、食に対してはとことん厳しい基準で評価する立場です。

他サイトと比べても「おいしさ、安全性」に関してはかなり辛口な評価となっていますので、それを前提に当記事をご覧いただければと思います。

※市販、いわゆる一般スーパーの場合、「おいしさ、安全性」の点数は平均すると3点、どれだけこだわっていたとしても5点が上限です。これが忖度なしの、プロとしての見解です。これは、スーパーが不特定多数相手のビジネスである以上、構造的にどうしようもないことなのです。

コープみえ

三重県でスタンダードなコープを利用するならココ!

コープブランド基準で市販より高品質

価格は市販と遜色なし

スーパーとの併用や乗りかえならココ一択

細かいスペックは以下です。

配達エリア 三重県全域
商品の品質 食品添加物、農薬、遺伝子組み換えへの管理は充分で、国の基準(市販)より厳しい
購入できる商品 食品、日用品全般
夕食宅配 あり(エリア限定)
価格帯 市販と大差なし
離乳食 あり
配達手数料 1か月で最大840円(税込)
固定費用 積立出資金:基本1,000円(あとで全額返還される)
支払い方法 口座引き落とし(1か月単位)

それでは、各項目を評価していきましょう。

品質と安全性

結論から言うと、「コープみえ」の商品は市販品と比べてとても安全性が高いです。

そんな話はあなたも聞いたことがあると思いますが、「なぜコープ商品は安全性が高いのか」、その理由を詳しく知っている方はほとんどいません。

そして、「宅配の口コミサイト」みたいなメディアをいくら見ても深い情報は書かれていません。

この記事を最後まで読んでいただければ大体の理由は理解できますので、「コープみえ」の利用を検討されている方はぜひお役立てください。

※なお、「コープみえ」、「コープあいち」、「コープぎふ」、この3つのコープがあつまって「東海コープ」という事業連合をつくっています。なので、商品の品質に関しては上記3つのコープを紹介する記事の中で説明が重複している部分があります。

食品添加物

まずは食品添加物から。

コープ商品には、市販と明確に違うポイントが2つあります。

それは、コープが独自に定める「不使用添加物」「使用制限添加物」があること。

これ、とっても大事なことですので説明しますね。

「不使用添加物」とは?

  • コープで販売するすべての商品に対して使用不可としている添加物のこと。
  • コープで販売されている「コープブランド商品」と「一般商品」の両方に適用される。
  • つまり、コープで買い物をする範囲では完全に摂取を避けることが可能な添加物。

この中から一つ例を挙げると、コープで不使用添加物に認定されている「臭素酸カリウム」というものがあります。これは食品業界の中でも安全性に賛否が分かれており、EU各国などでは「安全性に疑問あり」とされ使用が禁止されています。

ちなみに日本では、パンの製造などで普通に使用されているケースも…。

ぶっちゃけた話、食品添加物を気にするかどうかは個人の考え方がすべてです。

「添加物なんかまったく気にしないよ」という考え方も尊重されるべきだと思っています。

ただ、「外国では使用が禁止されているけど、日本では普通に使われている添加物がある」などの事実を知っているのかどうかは大切です。

安心できると思って買っていた商品なのに、外国では危険なものとして認定されているなんて知らなかった…。

こんな声も、私は職業柄よくお聞きします。

あなたがもし「食品の安全性」に少しでも関心をお持ちであれば、ある程度の知識は身につけておいて損はないと思いますよ。

では次に「使用制限添加物」を見てみましょう。

「使用制限添加物」とは?

  • 「コープブランド商品」には原則として使用不可、「一般商品」には使用可、とされている添加物のこと。
  • 使用制限添加物が入った一般商品は、可能な限り扱いを控えることを目指す。

42種類もの添加物がノミネートされています。

これはスーパー(市販)での買い物では、すべて避けるのはほぼ不可能です。

自分がわざわざ選ばなくても、コープが厳しい目で選んでくれているということですね。

農薬残留農薬の検査を徹底

「コープみえ」は、カタログ上で「無農薬・減農薬」の案内はしていません。

えっ、そうなの?農薬の心配はないのかな…。

といった声も聞こえてきますが、ご心配なく。

「コープみえ」では徹底的に「残留農薬検査」を行っていて、その結果も公表しているんです。

これがどのように野菜の品質・安全性につながっているか、説明します。

そもそも農薬の残留基準というものは、食品衛生法第7条による食品の規格基準の一つで、農産物の中に残留する農薬の最大上限値を定めるものです。

国のルールによって、残留基準を超えて農薬が残留している農産物は、国産品、輸入品を問わず、流通、販売などが禁止されます

「ADI」ってなんのこと?

  • 人が毎日(一生涯)食べ続けても悪影響がない農薬の量を更に100分の1にした量を「ADI」といいます。つまり「ADI」の量までなら毎日食べ続けても健康に悪い影響はないといえます
  • そして残留農薬の基準は、「ADI」を下回るように設定されます。

まずは上記を押さえていただいて、以下をご覧ください。

「コープあいち」の検査結果は?

  • 「コープみえ(東海コープ連合)」が2019年に行った残留農薬検査では、農産物266品目のうち151品目から何らかの農薬が検出されました。
  • 残りの115品目からは農薬が検出されていません。
  • そして、農薬が検出された農産物(151品目)の94%が残留農薬基準の10分の1以下であることが確認されています。

お分かりいただけましたでしょうか?

「もっと分かりやすく説明せい!」などのご要望はいつでもコメントにてお届けを…。汗

ということで少し長くなりましたが、「コープみえ」の野菜の安全性は確かであると言えます。

これがスーパーの場合、残留農薬の量なんかはお店に聞いても全く分かりません。何の農薬をどのくらい使っているのかもほとんどのお店は知らずに販売しています。

そうすると、以下のような事故が起きた時でも、「一体誰が責任を持つのか?」が曖昧になって、消費者は何を信用して買い物をすればいいか分からなくなってしまいます

「コープみえ」だけではなく、コープブランド商品は販売者であるコープ(生協)が全ての責任を負って商品の設計から検査までを行ってから販売しています。

しかもその情報は包み隠さず消費者である組合員に公開されます。

この安心感こそ、コープの構造がなせる業、というか最大の強みなんです。

「コープみえ」の実際の口コミ

(出典:自社調査)

冷凍食品を遠慮なくつかえるのが嬉しい!

30代女性市販のときは夕食に冷凍食品を出すことに少し罪悪感がありましたが、コープ商品は原料からこだわっているので立派な1品として冷凍食品が重用できます。

子育ての強い味方!

30代女性離乳食が充実してるのがいいですね。時間の節約に大活躍です。

他社との比較も忘れずに!

たとえば大阪府には、「コープきんき」「コープこうべ」「生活クラブ」「コープ自然派」「グリーンコープ」など、5つのコープがあります。

しかし三重県にあるコープは、「コープみえ」だけ。

結論として、三重県でコープを利用するなら「コープみえ」以外の選択肢はないということになります。

「地場の優良サービスを確実にお伝えする」という当サイトのポリシーからすると少し寂しいですが、「どのコープがいいんだー!」なんて迷わずに済むのは、三重県の人ならではのメリットかもしれませんね。

なので、コープ以外に当サイトが認める宅配会社の代表格、「オイシックス」と比較します。

 「コープみえ」と「オイシックス」を比べてみます

コープみえ オイシックス
品質・安全性 70点 80点
価格 市販と大差なし 市販より1~3割高い
送料 1回「0円~210円」 1回「0円~600円」

「オイシックス」の品質は全国でもトップクラスなため、価格もそれ相応です。

コスパのバランス面からすると「コープみえ」の使いやすさはとても優秀であると言えます。

コープみえの情報はこちらから!

まとめ

三重県で食材宅配をするなら「コープみえ」がおすすめである理由がお分かりいただけたかと思います。

食べるものがいいと、家族の笑顔を増やします。

それは、「確かなものを食べる」という安心感そのものが、家族の中で愛情を育んでいくからです。

子どもはいくつになっても、「親がちゃんとした食べもので育ててくれた」ことは忘れません。

コープ時代、私は多くの組合員から色々な話を聞いてきました。

「なぜうちのコープに加入されたんですか?」と私が聞くと、

特に多かった返答は、

「小さい頃に母が利用していたから、私も子どもに安心できるものを食べさせたいと思って…」

というものでした。

この機会に、検討されてみてはいかがでしょうか。